ONE OK ROCKファンクラブ・ファンレター情報

2005年に結成し、エモ、ロックを軸にしたサウンドとアグレッシブなライブパフォーマンスが若い世代に支持されているONE OK ROCK(ワンオクロック/わんおくろっく)。所属事務所はアミューズ。所属レーベルはA-Sketch。
リハーサルの際、スタジオに入るのがいつも午後1時(one o’clock)だったことから、このバンド名がつけられたとされる。
現メンバーはTaka(タカ):Vocal。バンドの楽曲の多くの作詞・作曲を手掛けている)。森進一・森昌子元夫妻の長男。
Toru(トオル): Guitar。バンドのリーダー。Ryota(リョウタ): Bass。メンバー最年少でToruとは幼馴染。Tomoya(トモヤ): Drums。
メンバー最年長。最後に加入したメンバー。
バンド結成時はToru・Ryota・Alex・Tomoの4人だったが、Toruの勧誘を受けたTakaがバンドに加入し、自主制作盤「Do you know a Christmas?」を発売。
Tomoがバンドを脱退した後、1stミニアルバム「ONE OK ROCK」をリリースし、インディーズデビュー。その後、Tomoyaがバンドに加入し、1stシングル「内秘心書」をリリースし、メジャーデビューを果たす。
2009年にAlexがバンドを脱退し、残されたメンバー4人でバンド活動を再開することとなった。
翌年、復帰作として4枚目のシングル「完全感覚Dreamer」をリリースし、初のオリコン週間チャートトップ10入りを果たした。
5枚目のアルバム「残響リファレンス」リリースすると、オリコン週間チャートで2位を記録。
6枚目のアルバム『人生×僕=』リリース後は、過去最大規模となる全国6カ所11公演の10万人を動員するアリーナツアーを開催。10月からヨーロッパ・アジアの都市12ヶ所での単独公演TOURを行った。ヨーロッパで計5公演、その後アジアで公演を行った後、ニューヨークでライブを行い、世界を回った。
その後、精力的に活動を続け、日本だけでなく、海外含め今や世界規模で活躍するバンド。

ファンレビュー

【ろみろみ】
とにかくボーカル、Takaの声がイイ!セクシーです。作詞、作曲も本人が手掛けております。
森進一、森昌子の息子、というのは有名な話ですが、やっぱりサラブレットなんだなぁって思うほどに、音楽センスがずば抜けています。
英語の歌詞も多いのですが、初めて聞いたときは洋楽かと思ったくらい英語の発音も良いです。
海外公演も多く行っているし、世界に通用するバンドだと思います!

【みーみ】
実は私が初めてONE OK ROCKを知ったのは某携帯会社のCMでした。その時は何だろうこの如何にも田舎っぽい若者たちは(ゴメンナサイ)ぐらいに思っていたんですが、彼らの曲はすごくいいなあって思って、曲を聴いたり動画を見たりするうちにすっかりハマってしまいました。あの飾らない自然体なスタイルがいいんです!笑
本当に妙に気取ったりしてない彼らだからこそ、色んな人の心に届く音楽が生み出せるんだと思います。

【fukuro】
ONE OK ROCKの曲はテンポが速く心に突き刺さる歌詞が特徴です。気分が乗らない時や車を運転している時に聴くと、嫌なことも忘れてしまいます。特に私は「夜にしか咲かない満月」という曲が好きで、学生の頃から聴いています。この曲は悪口を言われ落ち込んでいた私を勇気づけてくれました。社会人になっても毎日聴いていて、今でも私の元気の源になっています。

【eri】
テレビなどにあまり出ないので、認知度は低いかもしれません。
が、彼らの創り出すサウンドは本当にカッコよく、日本だけでなく、アジア、欧米でも人気があります。
ひたすら音楽活動にのみ没頭する彼らのブレナイ姿は、年下ですが尊敬します。
ボーカルのタカが某演歌歌手夫婦の子供であることネタになったりしますが、彼らには彼らの魅力がちゃんとあります。
日本でのアリーナツアーだけでなく、アジア、欧米での公演も成功させています。
ボーカル、ギター、ベース、ドラムの本格的なバンドです。
RISEやDragon ushが好きな人は彼らの音楽も絶対好きだと思います。

【こーの】
私がワンオクロックの曲を初めて聞こうと思ったきっかけは友達から元ジャニーズで森進一と森昌子の息子がボーカルのバンドがいるらしいと聞いたことからでした。親の七光なんだろうと期待せずに聞いたのですが、聞いた瞬間に歌声に驚きました!
そこからどんどん惹き込まれていき、ボーカルのTAKAがほぼ全ての歌詞を手がけていることなどを知りTAKAの魅力に落ちてしまいました!

【BOX】
ONE OK ROCKは今若者を中心に人気のあるロックバンドです。私がこのバンドの魅力を語るならボーカルのTakaです。Takaのすごいところは高音と声量です。最近のバンドはギターボーカルで中音域中心ですこしだるそうに歌っているのが特徴だと思うのですが、その中でもこのバンドは他と違っていてボーカルだけでしっかり歌に力を入れているのが魅力だと思います。

【(かり)】
ONE OK ROCKのまず一番の魅力はヴォーカルtakaの圧倒的な歌唱力!CD音源のみならず、ライブパフォーマンスでの彼のハイトーンボイス&シャウトには見事の一言。最近では映画るろうに剣心のテーマ曲を担当し、これからの彼らの活躍に目が離せません。ロックな曲が印象的ですが、takaの歌唱力から織りなす珠玉のバラードも必見です。

【はまにゃん】
ワンオクの魅力はTakaの個性的な歌声に一体感のある弦楽器、それを支えるTomoyaのパワフルなドラム。このバンドサウンドはワンオクにしか出せないものだと聞いてすぐに思い知らされます。アルバムがリリースされる度に進化していくのが手に取るようにわかり、最終的にどうなるのか、全く想像ができません。特に私はTomoyaのドラムさばきがすごく好きです。叩き方を毎回研究しているようで魅力的に感じてしまいます。

【ますお】
ONE OK ROCKの魅力はやっぱりTAKAの圧倒的な歌唱力です。
森昌子さん、森進一さんのお子さんというのも納得です。お二人のDNAが存分に受け継がれています。
特に高音での音の響かせ方は普通の人では到底出せません。
また、海外留学の経験がないにも関わらず、英語が堪能。
英語の発音はネイティブからも絶賛されています。
ONE OK ROCKの音楽とTAKAの耳に障らない英語発音、歌声が海外のファンの心を掴み、先日行ったヨーロッパツアーが成功したのも理解できます。
2015年2月11日に待望のニューアルバムもリリースされます!
ニューアルバムリリースにあたって全国ツアーも5月からスタートします。

【いわ】
ワンオクは何と言ってもヴォーカルのtakaが魅力的。歌唱力と英詩のネイティヴな発音がバンドの支柱になっていると思う。
名曲はたくさんありますがそれに加えて新規のファンが増えていて「どれから聞けばいいのか分からない」という人も多いと思います。個人的には残響リファレンスというアルバムがオススメ。人生×僕=は割とアコースティックな曲が多めでしたが今年2月に待望のニューアルバムが出るというので、今度はどんなアプローチを仕掛けてくるのか楽しみなバンドの一つです。

【ハイジ】
ONE OK ROCKロックの魅力はライブです。何度かワンマンライブやフェスに足を運んだ経験がありますが、いずれも無意識に手を挙げて跳んだり踊ったりしてしまうほど楽しいです。日本だけではなく海外にも進出しており、世界のロックファンからの人気は絶大です。とにかくテンションを上げたいときにONE OK ROCKを聴くのがおすすめです。

【のなる】
ワンオクロックはなんと言ってもボーカルのTAKAの歌声でしょう!聞く人を魅了するとはまさにこのことだなと聞くたびに思います。英語の歌詞の発音もとても良くて引き込まれるものがあります。余談ですが、あんなに英語の発音がいいのに英語は全く喋れないそうです。私はそのギャップも素敵だと思っていますw!

【ミチュ】
ONE OK ROCKの魅力・オススメはなんといっても、あの謎めいたあの雰囲気でしょう
ジャニーズ出身なのに、そのことを隠しているのか、、あんまりメディアにもでません
なのに、アニメ主題歌に起用されたりするのは、歌唱力ですかね
パッと見はダイジョウブ?という感じの雰囲気のバンドですが
歌、うまいですよね ライブでの盛り上がりもすごいです

【雪女】
スノーボード仲間のすすめでONE OK ROCKを知りました。
それまでは日本の曲はあまり聴かなかった私ですが、すぐにボーカルのTakaの英語のうまさと声に引き込まれました。
本当に、日本語の歌詞がなければ洋楽と思うほどの発音の良さです。全体のサウンドも最高です。
それ以来、スノーボードの時と仕事で気合いを入れたいときは、必ずONE OK ROCKの曲を聴くようになりました。
聴いた瞬間に元気が湧いてくる曲がいっぱいあります。

【キリュー】
一番の魅力は歌唱力です。
特に英語の発音が本当に良くて、私も初めて聞いた時は「外国のアーティスト?」と思いました。
そしてビックリなのが何と、メンバーのTakaさんが歌手森進一さんのご長男なんです。しかも元ジャニーズでNEWSのメンバーだった事もあるので驚きです。
しかしそれを除いてもロックなメロディラインと確かな演奏力と歌唱力で、凄くノレるバンドです。

【トン子】
ユーチューブで知りました。「エトセトラ」だったと思うんですが、ライブ版を見てめちゃくちゃ感動し鳥肌がたったのを覚えています。私はどちらかといいますと洋楽が好きで、邦楽はあまり聴かなく、その時もこれといって好きなアーティストはいなかったせいもあってか、英語でのロックも堪能で歌唱力もありメンバーもカッコよく感動させていただきました。当初からのメンバーより1人脱退したそうで、インターネットの掲示板で知りました。
「自分ロック」も、当時の自分を思い起こすような波動が似ていたせいか、とても入っていきやすかったです。

【ONE OK ROCKの英語歌詞について】
ONE OK ROCKの魅力は英語の歌詞にあります。アップテンポの曲が多いのですが、英語の歌詞を日本語に訳してみると意味の深い歌詞ばかりになります。歌詞の意味を考えて曲を聞いている方は魅力を感じると思います。また早い曲でも英語の発音も良いので聞いていて勉強になる部分も魅力の1つになっていると思います。

【ひろ】
ONE OK ROCKはやはりライブを見て欲しいです。メンバー4人のライブでの迫力感がずば抜けています。ボーカルのTakaの歌声に魅了されるファンもたくさんいます。ONE OK ROCKの歌はとても勇気ずけられる曲が多いです。キミシダイ列車やNobody’s Homeは私が特にお気に入りの曲となっています。

【cocoa】
ONE OK ROCK(以下、ワンオク)がワールドワイドに活躍している一つにVo.TAKAの全くネイティブではない発音と歌唱力にあると思う。
ご存知の方も多いとは思うが、メンバー4人中3人が、元アイドルと言う経歴を持っており当時からのファンの子とROCK好きな子達が混在しているライヴもまた面白い。
全部が英語の歌詞もあれば日本語もあり、英語と日本語を織り交ぜた歌詞もあり、洋邦両方のROCKキッズから支持を得ている要因もその一つだろう。

【なっつん】
私がワンオクを知ったのは夏フェスでした。
全く知らない曲でしたが、ボーカルtakaのマイクパフォーマンスが圧巻!
みるみるうちに引き込まれていきました。
赤いマイクでコードも赤。それをブンブン振り回してキャッチしたり凄かったです。カッコイイ!
そしてtakaの英語の発音がいいこと!凄くよくて聴きやすくてそこらの英語で歌ってる人より抜群です。
あとはノリが良くて自然に体が乗って来る感じ。激しい曲は激しく、切ない曲は本当に切ないです。るろうに剣心の曲もカッコいいしグッときます。
何と言ってもボーカルの歌唱力が凄いです。絶対聴いてみる価値あります!

  • 乗り換え訴求

ONE OK ROCK 詳細情報

ファンクラブ
または会員サービス名
PRIMAL FOOTMARK
ONE OK ROCKファンレター宛先 〒150-8570
東京都渋谷区桜丘町20番1号
渋谷インフォスタワー11F 株式会社アミューズ ONE OK ROCK ○○様宛
会員特典(PC) 【1】ONE OK ROCK 限定WEBサイトの閲覧
【2】その他サイト規定による
入会金
年会費 3500円のブック料金のみ
入会方法 PRIMAL FOOTMARKを購入後、サイトにアクセスし、メンバーズカードで登録
PC ONE OK ROCKファンクラブサイト
MOBILE 現在ファンクラブ モバイルサイトはございません
公式HP ONE OK ROCKオフィシャルサイト
ブログ ONE OK ROCKオフィシャルブログ
ツイッター ONE OK ROCKツイッター
インスタ/Facebook ONE OK ROCKインスタグラム/Facebook
オリジナルグッズ 販売ページ
お問い合わせ oneokrock@amuse.co.jp;
よくある質問 無し

ONE OK ROCK ツィッター

ONE OK ROCK FACEBOOK

この情報を見ている人はこちらも見ています

コメント

    • キム
    • 2014年 12月 04日

    ブレナイ音楽性が好きです。日本だけでなく韓国でライブしてました。
    ボーカルのタカさんは某大物演歌歌手夫婦(離婚済)を両親に持つのに、そのことは全く公にしていません。
    しかし、才能はすごいです。独特の世界観があります。ライブがかっこいいんです!!応援してます。

    • もいこ
    • 2014年 11月 25日

    アラフォー女子が20代半ばのバリバリのロックバンドにはまるとは自分でも思ってもみなくて、youtubeで「The Beginning」を初めて聞いた時に十代の頃、売れる前のB’zを初めて聞いた時の衝撃が走りました。
    日本人とは思えない英語の発音の良さにセンチメンタルにさせてくれるメロディライン、そして、躍動感あふれるライブパフォーマンス。9月の横浜スタジアムのライブには1人で行ったくらい。(そもそもライブを1人で行ったことなかったのに)そして、VoのTAKAが森進一の息子でかつてはNEWSに所属していたアイドルだったと思うとその変わりぶりにも驚かされる。
    でも、あの歌のうまさとパフォーマンスのセンスは親譲りでもあり、アイドル時代に身に付けたものでもあるんだろうと思うと彼がアイドルを辞めてROCKERになったことは大正解だと思う。
    そして、日本だけではなく世界各国もライブで回ることで実力を更につけている点も魅力的。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新レビュー

ページ上部へ戻る